Copyright (c) レディースアイテム All Rights Reserved.

資格取得

資格取得ページ

勉強方法 憲法条文 行政三法 資格の取得リンク


用語

ユークリッド幾何学(ユークリッドきかがく、英: Euclidean geometry)は、幾何学体系の一つであり、古代エジプトのギリシア系・哲学者であるエウクレイデス(ユークリッド)の著書原論に由来する。

点(てん、英: point)の概念は、今日では非常に広範な意味を持つものとして扱われる。歴史的には、点というものは、古代ギリシアの幾何学者が想定したように、直線・平面・空間を形作る根元的な構成要素、原子となるべきものであり、直線、平面、空間は点からなる集合(点集合)ということになる。しかし、19世紀の終わりごろにゲオルク・カントールによる集合論の創始と、それに続く数多くの数学的構造の出現があって以降は、その文脈で空間と呼ぶことにした任意の集合における任意の元という意味で点という用語が用いられる(例えば、距離空間の点、位相空間の点、射影空間の点、など)古代ギリシア人は「点」と「数」とを区別して扱ったが、それとは対照的に、この文脈では数(実数)は実数直線上の点であるという言い回しを用いることができる。つまり数学者にとって最も一般の意味での点とは、集合が空間と捉えられかつ公理によって規定される特定の性質を備えているという状況さえあれば十分で、そのような空間の任意の元がすなわち「点」なのである。したがって、今日における術語空間は全体集合に、また術語点は元に、ほぼ同義である。考えている問題がもはや幾何学とは何の関係もないような場合でさえ、何らかの示唆的な期待によって点や空間という語が用いられている。